☆ 雑談日記 ☆ PSO2【Ship7】にて活動中
by maysh-sf
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

ロードオブヴァーミリオンⅢ その3

今現在のマイキャラ容姿。
a0076193_2225067.jpg

初期服、初期容姿最高。
現在ゴールド付近をウロウロしてます、南極ペンギンのメイシュです、テオ。

序盤のプレイ回数よりかは、最近のプレイは少なめになってますが、
デッキを慣らして一番良い動きが出来るようにしようとしてます。

今のデッキは変わらず魔種オンリー。

◆主人公 アタッカー DEFウィ ATKウィ DEFウィ
10コスト(ATK)◆ターラカ
10コスト(ATK)◆ボム
10コスト(ATK)◆ミリア
10コスト(MAG)◆シユウ
30コスト(ATK)◆ビルヒーゲル
30コスト(ATK)◆エリゴス
70コスト(ATK)◆バハムート
◆US:キュアオール

完全な脳筋パーティである。

基本的な流れとしては、魔種オンリーの恩恵で初期コストが35コスト
貯まっている状態なので、これを生かす戦法でやりたいと思って。
以下は自分の心構えている戦闘順序なので、スキだらけだとは思います。
いつもこんな感じで戦っていると思ってくれればそれでいいです。


◆対戦マッチの時に、とりあえず仲間のデッキと、武器の能力を見ます。
次に相手のデッキと武器の能力を見ます。

◆自分の担当するストーン側の相方の情報と、相手をする正面2体の
敵の情報を見比べて、戦闘のおおよその組み立てをシミュします。

◆攻める、攻めないを簡単に判断して、開始と同時に
とりあえずテンプレの挨拶「来たな…しくじんじゃねーぞ」←コレ好き。
自分のデッキがアタッカーばっかなので、相手がマジシャン主体であれば
完全にオープニングからの強襲戦法に。
この場合は、追加で正面の相手マナタワーに「マナタワーはあたしがブっこわす!」
この時に相方が賛同した場合にはチャットで返してくれるので、安心。
チャットがない場合でも、マナ掘りに集中すると判断したりします。

最近の主軸で不死と神族からは序盤、ペルセポネ、マッドハッターと
ヘラ、スクナヒコナがよくブッこまれますので、アタッカーとしては
対応し辛いのが難点。
マジシャン多めな相手だったら嬉々として突っ込んでいきますが。

◆序盤開始挨拶が終わってから「READY」の待機状態で
主人公をロック、主人公が荒らしに行く場合は、敵タワーに。
味方タワーなら味方タワーに。
「START!」直前には召喚ゲートに画面を戻して、召喚待機。
実際には「START!」の掛け声よりも前に召喚出来るので、早めに召喚して
味方マナタワー制圧に向かいます。

◆自分は主人公の移動先をタッチしてから、ゲートに「ミリア」召喚、
サモンマナで5コスト戻ってくるので、実際こいつの召喚コストは5コスト。
35コストにてミリア召喚→10コスト消費で残り25コスト、
サモンマナで5コストリターンなので、25→30コストに復活、
テンプレバハデッキなら、ここで10コスト3体
(多分ソドム、かまいたち、メデューサ?)を呼んで、一気に味方タワーを制圧。

自分の場合は、ミリア召喚後に、ビルヒーゲルを召喚。
場合により、主人公とビルヒを敵タワー荒らしに。
それ以外は、ビルヒのみを敵タワーに向かわせます。

主人公のマナ採取能力が性能良い事が判明したので、マナ採取も
視野に入れる事になりましたよねぇ。

◆神族であればセルディットが召喚されている事が多く、
人獣であればロロが召喚されている事が多いので、そこを主軸に倒します。

敵主人公が良く攻めてくる上で、自分はこちらのマナ畑を守りたいので、
ビルヒのダッシュスマッシュで迎撃、この後、基本的に敵主人公は
ビルヒとか無視してこちらのマナ畑に突っ込んでくるので、追い討ちで
仕留めたいトコですが、ダッシュスマッシュ後の攻撃をノーマル追撃にすると、
討伐が遅くなっちゃいます。
なので、タッチで相手の進行方向外側に向かって並走する形で動き、
スマッシュタイミングになったら敵をタッチして即座にスマッシュ。
これを繰り返せば、敵マジシャン主人公程度だったら3スマで倒せます。

安全を確認してから、相手マナタワーに殴りこみ。
相手にディフェンダー多めだったら、倒したい数体を仕留めた時点で帰ります。
ディフェンダーのスロウスマッシュを何発も喰らうと動けなくなっちゃうので……。

とにかく、相手を引き連れたりできれば、その分相手のマナ採取を遅らせる事が
可能なので、30コスト分の戦力としては十分かなと思います。

主人公を同時に荒らしに行かせた場合は、主人公くたばっても
再度荒らしに行きましょう。
タイミング次第で主人公はマナ掘りに移ります。

◆上手く行ってる場合は、タイミングによってエリゴスを召喚、相手マナタワーの
外側のストーンを壊しに行きます。
運が良いと何体か迎撃に来て、引き連れれば逃げる準備、来ないなら
そのままパリンして覚醒、超覚醒まで持って行ってからの敵マナタワー荒らし。
相手のマナタワーサークル内に入ってしまえばATKが160に伸びるので、
無視出来る中型、大型は無視して10コストの弱い敵を沢山倒します。

無視出来ない相手も居ると思いますが、タワーに逃げ込まれる可能性が高いので
基本的には雑魚を狙いたいですね。

万が一中型、大型を倒したいのなら、ダッシュスマッシュから、外エリアにタッチして
一度離れて、再度ダッシュスマッシュを繰り返して倒しましょう。

実際に、堅い相手が居てもダッシュスマッシュならば予想以上のダメージが
乗っていきますので、最終決戦用のラーが相手でも、それなりの
アタッカーが居れば倒せる事も出来ます。

◆中盤までは上記の流れを汲み、エリゴスで荒らし、他の使い魔はマナを掘り、
主人公とビルヒで迎撃を行うのが理想です。

◆バハムートを召喚してからは、状況によりマナ掘り、相手荒らしを行います。
ここからはバハムートとエリゴスは一緒に行動します。
バハムートを覚醒まで持って行ければ、積極的に相手を荒らしたり、
単品の強い使い魔を倒しに行きます。

◆バハムート超覚醒する時点では、両サイド共に激化している頃なので、
正面の敵マナタワーを一気に荒らす事になります。
メインはバハムート、エリゴス。
その他の使い魔は、バハとエリゴスが戦う敵マナタワーの外側の
敵アルカナストーンに向かい、破壊に行きます。

自然吸収のマナが随時貯まって行けば、主人公を覚醒、超覚醒までやります。
この時点で、戦闘部隊はバハムート、エリゴス、主人公になります。
自分の主人公が、DEFウィ、ATKウィ、DEFウィなので、お供にすれば
弱体化要員として活躍出来ます。

パリン部隊も、ビルヒーゲルとターラカが居るので、それなりの迎撃が可能。

◆バハムートは優先的に低コスト使い魔を喰いまくり、キルアップを狙います。
あとは育てゲーとしてプレイして、戦況を整えていきます。


……全体の流れはこんな感じで進めてます。
ちなみに、「なんでシユウ?ボム?」という意見もありましたので、ご説明。

シユウはストーンアタックを持っているので、後半の割り仕事に向いています。
さらに、マジシャンなので、掘っているタワー付近に出現した大根(マナモン)を
シュータースタイルで倒してコストアップを図れる唯一の使い魔です。

ボムは、攻めてきた相手の前に出して、倒してくれるのを待ちます。
ボムを倒した使い魔は、固定150のダメージを喰らうので、迂闊に手を出せません。
ほっといたらマナ掘りますし、向かってきたらダメージです。
これほど防衛に向いている使い魔は居ないと思いましたw

USのみ、緊急用のリターンゲートにするか、維持用のキュアオールにするか
未だに悩んではいますが、とりあえず維持型で進めてみようと思います。

前回の記事で初めてニコニコに投稿させてもらって、個人的な趣味動画にも
かかわらず視聴してくれて、尚且つ挨拶コメントも貰いまして嬉しい限りでした。
Twitterでは最近LoVⅢの事で結構つぶやいています。
このブログの右サイドバーに「Twitter」ボタンがあるので、そちらでご覧下さいませ。
月華さんとか結構アドバイスくれるので助かってます。

まだまだハンドスキルがおぼつかない状態ですが、ゲーム自体は
やっぱり面白いです、4:4で戦うスタイルはハマりそうです。
自分が活躍出来てない時は申し訳ない感じになりますし、
チャットとかで意思疎通が出来て思い通りに戦いが有利になったりする際は
その時のチーム全員で同じ気持ちを共有出来てるんだなと実感できます。

そして未だに思う事は、ただひとつです。

SP描きたいよぉおお。
[PR]
by maysh-sf | 2013-09-23 01:08
フォロー中のブログ
リンク
タグ
以前の記事
2016年 11月
2016年 08月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
画像一覧
ライフログ
ブログジャンル
記事ランキング
検索
その他のジャンル