☆ 雑談日記 ☆ PSO2【Ship7】にて活動中
by maysh-sf
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

<   2014年 07月 ( 2 )   > この月の画像一覧

PSO2 その64

ラッピーを飼うラッピー。
a0076193_19252154.jpg

こんばんみ、南極ペンギンのメイシュ・S・フランです、チキン。

アークス対抗戦の結果。
a0076193_19261772.jpg

なんだかんだで1位。
a0076193_19264035.jpg

結局はラウンドブーストを最後に一回だけ使ってポイントを
貯めたら、誰も追いつけない酷い数値を叩き出して終了。
酒井氏ブログでも反省の色は見えたものの、次回対抗戦を
やるかもしれない感じが怖い。
もうどうせならカジノ実装されて対抗戦のアイテム並べて終了で
構わない感じがしてきました。
もちろん、対抗戦は良調整にならない限りは肉染み和えしか
ないのです、というか1位とそれ以外の順位の賞品て、
結局は1位になれないと幸せになれない流れなので、
あまり良いとは言えません。
……終わってしまってはもうどうにもなりませんでしたが(´・ω・`)

それはそうと、絶望ですよ絶望。
「採掘基地防衛戦:絶望」ですよ。
なんと新緊急ではイキナリ実装されるアーマードコa……げふげふ、
AISという機動兵器に搭乗して戦うという新しい戦法。
これは面白いっ!!
a0076193_19321688.jpg

結晶のポイントを上手く集めないと、起動回数が増えませんが、
なにせこのAISが強い強い。
a0076193_1933815.jpg

基本的にはソリッドバルカンでPP回復、フォトングレネードの
繰り返しだけでも十分なダメージが稼げるので、これが一番。
フォトンセイバーは確かに強い感じは受けますが、PP管理さえ
キチンと出来ていれば、臨機応変なグレネードがベスト。
それでも近接したいっ!って時はフォトンラッシュで。
ただめちゃめちゃPP喰うのでやっぱグレネ・・・w
ボス系にはフォトンブラスターを集中狙い。
味方タワーに雑魚が集中しまくってたら、フォトンブリザードを
かますのが良い感じかな?
ブーストがかなり速いので、スピーディに結晶も集められる。
敵殲滅時に余った時間は、機動力を活かして集めましょう。

敵もかなり強化されていて、ダーカー粒子砲台が強力。
a0076193_19422889.jpg

どの距離からも味方タワーに届く上に、半分以上削られる。
ダーカー粒子砲台を作るソルザ・ブラーダ(通称:杖持ち)は
マップ外周に沸く事が多いので、隙があれば外周チェック。

イル・グランツがダーカー種に有効なイメージが定着してますが、
ここの敵にはご法度。
イルグラでパニックになった敵の大半が、プレイヤーを無視して
こちらのタワーを何故か集中狙いする思考ルーチンがあるみたいで、
特にウォルガーダ、ゼッシュレイダやゴルドラーダは顕著。
杖持ちはパニックさせてもこちらのソケット侵食をメインに
しているのでイルグラでもOKかも。
デコル・マリューダに関しては、ミラージュが効くので、
サ・ザン等をメインに使うと有効ですね。

一番多いのが、WAVEタイムアップ寸前のゴルドラーダの自爆。
これでタワーが沈む事も、油断するとありますので、
フォース組は状況に応じてゾンディールで引き剥がしか、
ラ・バータの凍結効果で足止めして近接や射撃職に
倒してもらうとスムーズに殲滅可能。

AIS起動時は、積極的にボスにダメージ+タワーから引き剥がし、
中間に入る雑魚を一掃、ロックを外してダーカー粒子砲台を
迎撃、ダーカーウォールを即破壊すると素晴らしい戦い方に。

タワーのダメージが削れてても、4本残せば報酬は多いです。
a0076193_19571848.jpg

ヘルマウォン等の★11小当たりは出るものの、大当たりは
今の所なし(ヽ´ω`)
痺れを切らしてブラックリリーパ金融に焼き土下座して
購入しました、カッコイイウォンドのレントオーナムっ!
a0076193_19592112.jpg

a0076193_19592971.jpg

ペリエも無事にLV70になり、レントオーナムとヘイレムジースの
おかげで見事なまでの魔法剣士化に成功。
贅沢言うならヘイレムジースは黒基調の方が良かった(`・ω・´)

初音ミクと巡音ルカのコラボライブも開催されましたね。
a0076193_2015742.jpg

最後まで聞けば、トライブースト+10%というご褒美が。

そんなこんなで来月はいよいよエピソード3。
まぁその前にバーチャロンコラボなんでACチャージせねば。

最近のチーム内では相変わらずのやりたい放題。
a0076193_2021784.jpg

a0076193_2022557.jpg

リリーパが股間からサイフラッシュしたり。
a0076193_2024920.jpg

a0076193_2025661.jpg

ラッピーレースを楽しんだり。
まぁそんな感じのゆるふわチームですが、これからも
PSO2を応援していくので夜露死苦。
a0076193_2034261.jpg











リリーパ「・・・とでも言うと思ったか?」
ラッピー「なん・・・だと・・・っ?」
a0076193_207273.jpg

[PR]
by maysh-sf | 2014-07-27 20:08

PSO2 その63

こんばんみ、南極ペンギンのメイシュ・S・フランです。
出だしが暗めなのは割愛。
そうというのも、絶賛プレイしているオンラインゲーム『PSO2』で
現在行われている『アークス対抗戦』についての『愚痴』を書きます。
誰が見ても、もう愚痴にしかならないですので、始めに書いておきますね。
とはいえ、今回はどのブログもどのスレも同じ考えの方々が大半なので、
多分見ても問題ないかなと思われます。

◆アークス対抗戦◆
全容としては、全10鯖を5分割のチームにして、毎回出すお題をクリアさせて
順位を決めていき、最終的に総合ポイントの一番高かった鯖チームが優勝、
というごくごくカンタンな内容。

自分の所属する7鯖は、基本的には『見〇き鯖』と呼ばれるくらい、
キャラクターを愛でる事に長けている&のんびりプレイする鯖。
今回チームとして組んだ1鯖は、当然の如くオンゲでありきな廃人ランクの
ユーザーが多く集うエリート鯖。

対抗戦は一日に2回、00:00~10:59の一回目と
12:00~22:59の二回目。
1ラウンドから16ラウンドまであるのですが、これが長い。
そもそも『昼の部』がある時点で、社会人には厳しいシステム。

お題をクリアしても、『ラウンド内スター上限』と『貢献ポイント上限』が
設定されている時点で、諸々おかしい部分もあります。

得点はラウンド毎に1位5点、2位4点、3位3点、4位2点、5位1点。

ちなみに、『ラウンドブースト』というシステムが組まれており、
そのラウンドの順位、4位と5位に属したチームは、次々回のラウンドにて
獲得できる貢献ポイントと貢献ポイント上限増加のボーナスがかかるというもの。
これは運営曰く、最下位等を取ってしまっても、ラウンドブーストにより
新たなラウンドで1位に届くように処置したとのこと。
これは特に問題はありませんでした。

……序盤までは。

問題が発生したのは第3ラウンド。
当然ながら、1~2ラウンドはラウンドブーストもかからず、完全に
アクティブユーザーの実力が反映されるシビアな戦い。
実力総合1位クラスの1鯖の実力を遺憾なく発揮された結果、
1~2ラウンドでは我が緑チーム(1&7鯖)が連続1位。
この時点でも、鯖毎の実力が明らかにかけ離れすぎているのに、
わざわざ対抗戦にした意味が良く分かりません。
昼も夜もつきっきりでゲームでアクティブになれる鯖が
一番強いに決まってます。

運営がやりたかったのは、そんなトップを走るチームに
追いつけるべく用意したラウンドブースト。
ただ問題だったのは、そのラウンドブーストがかかっていても
ブースト開始の3ラウンド目でも、緑が1位を取ってしまったこと。
これは完全に運営の目算外れ。
実際には、3ラウンド目でラウンドブーストのかかったチームが
緑チームを負い抜いて1位!という形を取って、バランスを
見せたかったのでしょうが、ラウンドブースト+20%程度では
1鯖の実力を追い抜く事が出来なかったようです。

ここでやってはいけない事を運営が行ってきました。

実際、最近の運営が行っているのは『Web連動イベント』でも
『次回お題』や『次回稼がなくてはいけないポイント数』を
開示しなくなった事。
これによって、イベントの流れを把握しつつ、運営の好きなように
設定をいじれるという時点で、こういったイベントはもはや意味がない。

上記の例外が発生した結果、ラウンドブーストがおかしな事に
なってきたのが、全ての始まりでした。

というのも、ラウンドブーストの%が『おかしな数値』を叩き出して来た事。

続く4ラウンド目では前々回5位のチームのラウンドブースト率が+30%。
5ラウンド目で+40%、6ラウンド目で+50%……とおかしな事に。
ちなみに4位のラウンドブーストは、5位のブーストから-10%程度。
ということは基本的に4位と5位にかかるブースト率に、そこまで
変化がない事もおかしな部分。
驚愕なのは続く7ラウンド目のブーストは+50%の表記にも関わらず、
ユーザーが調べた伸び率を見てみると、実数値は+66%。
4位は+48%と、どう見ても+50%(実数+60%かけてるだろ)という結果に。

これがどういう結果を招くかと言うと、例として
★Aチーム 120Pの実力
★Bチーム 100Pの実力
★Cチーム 100Pの実力
この3チーム居たとして、ラウンドが増える毎に最下位チームが損しないように、
トップチームのブースト倍率よりも+10%ずつ増えると仮定する。
例として次回ラウンドからブーストがかかるようにする。

1ラウンド目 【A 120P】 【B 100P】 【C 100P】
2ラウンド目 【C 130P】 【A 120P】 【B 100P】
3ラウンド目 【B 140P】 【A 120P】 【C 100P】
4ラウンド目 【C 150P】 【A 120P】 【B 100P】
………
これが延々と繰り返される。

どういう事かと言うと、ラウンドブースト率の上昇は、
1位の倍率基準よりも、最下位のチームは更に上に更新され続け、
『ラウンドブースト』のかからないチームは延々と実力のみで
戦い続けなければならない上に、実力では覆せない程の倍率で
上がり続けるブーストに手も足も出せない状況にある。

さらに、イベント期間が長ければ長い程、この効果は絶大で、
一見して『追いつき追い越し』のように、総合トップを走っていた
チームを、さも他のチームが最後に追い抜くように見せる事が可能。

このシステムは言うなれば『1位(高得点)と4位(ラウンドブースト)』を
交互に取り続けたチームが1位になれる奇妙なシステム。
そもそも4位と5位のブースト率が10%程度しか違わないのであれば
(ブースト付与時の)4位が5位に負ける事は稀。
総合ポイントで見れば、1位と4位を取り続ければ、5+2で7点。
3位はブーストがない為、3位しか取り続ける事しかできず、3+3で6点。

さらに言えば、一番の問題点である『後付ルール』が酷すぎる。
上記のようなバカみたいなラウンドブーストに対抗しながら、
安定の3位を取る続ける事が出来たならば、実は計算上
トップの緑チームと上記のシステムを理解して効率良くポイントを
稼げている青チームは『同率1位』でゴールインする筈だった。
ここで運営が後付で提示した追加ルールは、
『同順位の場合は累計貢献度の多い方が1位』というクソ条件。

さらにその重要チームである青チームが白チームに負けた
3ラウンド目から『2ラウンド後にブーストが掛かる』という仕様に変更。

たった序盤3ラウンド目でまさかの運営の考えを凌駕する結果を
緑チームがもたらしたのは分かりますが、それにしては後出しの
条件が酷すぎます。
結果的に1位2位、4位5位の交互変更のみが露見して、
実際の実力トップの1鯖緑チームが延々と恩恵無しの3位連続。

とりあえず第14回までの順位結果を置いて見ます。

  第1回→順位→第14回
緑 11133333333333
青 22441144124411
赤 34512452255125
白 43354225412542
黄 55225511541254

分かります???
緑の異常な順位結果。
このシステムの恩恵が一番強い青の順位。
どんなに頑張っても、ラウンドブーストの恩恵と、上がっていく上昇率に
勝てるわけないじゃないですか。

ラウンドブースト>>>>>>人口>実力

これイベントとして成り立ってます???
この結果を途中で理解した鯖の住民の『鯖移動』も
このイベントをブチ壊している要因のひとつです。

この『鯖移動』の件が一番問題となった要因は、
『イベント最終順位による交換アイテムの優劣』です。
イベント中に稼ぐ『スター』というポイントで、最終的に色々なアイテムと
交換できるのですが、最終順位によって
『交換できるアイテムに制限』がかかるのです。

総合1位のチームには、
◆トライブースト+50%
◆ぶら下がりアークマ
◆アークマイヤリング
◆2周年記念ステッカー
◆アークマ・ミニ
◆ラッピーのとことこレース
◆アークマ・マット
◆進化デバイス/アークマ
……が交換可能。

2~4位が、
◆トライブースト+50%
◆アークマイヤリング
◆2周年記念ステッカー
◆ラッピーのとことこレース
◆アークマ・マット

5位がまさかの、
◆トライブースト+50%
◆2周年記念ステッカー

……まさか順位によってアイテム交換制限がかかるとは。
というか、順位によって手に入るポイントも変わる事から、
交換ポイントを引き上げて順位によって取得できるポイントの中から
沢山交換するか、その中から一個だけ交換するかという感じで
イベントはまとまった気がするのだけど。
いわゆる、上位チームは沢山ポイント貰って好きなだけ交換できるけど、
下位チームはポイント少ないから、選りすぐって交換する必要がある、
という風にすれば、今回のようなギスギスにならずに済んだはずです。
さらに言うと、上位交換アイテムは『売買&トレード不可』。

ここでさっき言った鯖移動。

もう結果が見えてきているというユーザーは、優勝できる鯖に
¥350払ってそそくさと鯖移動してしまっています。
結果、優勝鯖でアイテムを交換して元いた鯖に戻る、言わば
プチ旅行的な事を行っています。

多分、運営が鯖移動金額を安くしたのも、移動時間制限24時間にしたのも、
利用できるとこ利用した感じに見えてしょうがないんですけど。

さらに、序盤の緑チーム優勝候補の流れから、他鯖からの移住民も
沢山いたようで。
ここで一儲けしてからの、運営テコ入れで逆転劇を装って
更に鯖移動させる気ですか?という感じに思えてならない。

自分の性格が捻じ曲がってる可能性から上記の考えが
出ちゃうんですが、緑チームだけでなく、一連の流れを見て
理解した他チームからも『出来レース』だの『運営の匙加減イベント』だのと
文句が沢山出てしまって、酒井氏ブログに書き込む人達も多数。
なんだかんだ言って、イベント自体が設定ミスってるようなものなので、
そりゃあ飽きられるのも無理はありません。

緑チームになってる自分としても、1鯖ユーザーの実力を
運営のテコ入れで押さえ付けている現状はどうなんでしょうか。
逆にこんな運営の都合を二転三転する設定条件で、ユーザーが楽しめますか?

対抗戦というシステムは大歓迎なんですが、貢献ポイントの上限だったり、
アイテムの交換制限や異常なブースト率を続けて、誰が楽しいですか?

なんだかんだと長々愚痴を溢してしまいましたが、緑チームや青チーム、
その他のチームが悪いとか言ってるのではなく、運営のテコ入れ具合と
出来レースっぷりがイヤなだけでした。
交換アイテムは自分も進化デバイスが欲しいと欲塗れな意見を出す
ように、欲しい人には欲しいものです。
そういったアイテムが、下位の人には交換すら対象にできない現状の
やり方が非常に気に喰わないのです。

下位ランクでも同じアイテムが交換対象として並んでいれば、
ポイントが少ないだけで大量に交換できないからこそ、負けてても
必死に個人個人でポイントを稼ごうという気になるのに、
それすら許されないからシステムの穴を利用して効率を求めるなんて
対抗戦として成り立たないと思います。

対策としてはイベントを打ち切るか、3~5位までをブースト対象にして
さらにブーストの異常数値化を避ける事。
(真ん中の3位が一番報われないとか意味不明ですし)

交換アイテムはポイントを高くして、上位には沢山交換可能、
下位でも少しだけ交換可能にする事。
さらに、売買&トレード可能にする事。
(ギスギスの問題がコレ)

とりあえず、ちゃんとイベントの内容とラストまでの事を考えて
実装しましょうよ。
これで生放送とかで問題をすり替えて、
『いやー、接戦の末の大逆転でしたね!』とか言われたら。

ちょっと今回のイベントは酷過ぎました(´・ω・`)愚痴ってごめんなさい。
[PR]
by maysh-sf | 2014-07-12 19:07
フォロー中のブログ
リンク
タグ
以前の記事
2016年 11月
2016年 08月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
画像一覧
ライフログ
ブログジャンル
記事ランキング
検索
その他のジャンル